ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー

ルイ・ヴィトンのスピーディ30を愛用されている方の間で最も人気のあるバッグオーガナイザーを見てみましょう。クローバーサック(CloverSac)、パース・トゥ・ゴー(Purse to Go)、サモルガ(Samorga)、カメレオン(Chameleon)から出ているインサート式バッグオーガナイザーです。

寸法に関しては各ブランドでいろいろな大きさがありますが、ルイ・ヴィトンのスピーディ30にお勧めの各ブランドにおける最適なサイズの比較は次の通りです。

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー2

ブランド サイズ 大きさ (L x H x W) 価格 (USD) 構造的
Cloversac Emma 28 11” x 6” x 5” 22.00 Yes
Purse to Go Jumbo 15″ x 7.5″ x 4″ 24.95 No
Chameleon Insert Extra Large 12″ x 7″ x 6″ 27.00 Yes
Samorga S30 11″ x 5.9″ x 5.9″ 38.00 Yes

「構造的」ってどういうこと?
全てのバッグオーガナイザーが同じようにデザインされているわけではありません。バッグオーガナイザーの鍵となる特徴のひとつは、どれほど構造がしっかりしているかということです。構造が丈夫でないバッグオーガナイザーは自立することができません。下の濃色のバッグオーガナイザーは、Amazonで10ドル以下で販売されているかなり安価なバッグオーガナイザーです。バッグの中に平らなポーチを入れているようなものなので、整理という役目は果たしていません。

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー3

構造的なバッグオーガナイザーとは型崩れしないものです。例としてクローバーサックのエマ28 (CloverSac Emma 28) を見てみましょう。芯材カードが3枚付属されています。2枚は横のサイドポケットに、もう1枚は底ポケットに入れると箱型の形を保持します。

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー4

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー5

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー6

ルイ・ヴィトンのスピーディ30には、なぜしっかりとした構造のバッグオーガナイザーが重要なのか?

ルイ・ヴィトンのスピーディ30は、底が丈夫ではありません。なのでバッグの中に何かを入れると、中身の重みで底が沈みバッグ全体の形が崩れてしまいます。

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー11

そこで構造のしっかりしたバッグオーガナイザーが、バッグの形を美しく保つのに役立つのです。
下は、ルイ・ヴィトンのスピーディ30の中にクローバーサックのエマ28 (CloverSac Emma 28) を使用している状態の画像です。

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー7

ルイ・ヴィトン スピーディ30に最適なバッグオーガナイザー8

Desmond Lim