バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM

ルイ・ヴィトン(以下LV)ネヴァーフルMMはLVのトートバッグの中で最も人気のある商品です。ネヴァーフルMMは以下の2点を除けば完璧です。

  1. アイテムを収納する仕切りやポケットがない
  2. 生地が柔らかいため、バッグがたるみやすい

上記の2点を分かりやすく写真と共に解説していきます。バッグインバッグを使用していない状態の私のネヴァーフルMMの散らかり様と底のたるみをみてください。

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-2

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-3

この2点の問題を解決するために、CloverSac、Purse to Go、Chameleonn、または少し高価なTintamarのバッグインバッグの購入を検討してみてはいかがでしょうか。Esty で販売されているSamorga、Divide and Conquerのようなハンドメイドのものもあります。どれを購入したら良いか悩んでいる方にお役に立てるよう、私のバッグインバッグ選びの基準を紹介したいと思います。

  1. バッグインバッグに自分の所持品を収納するのに十分な仕切り、ポケットがあること
  2. 私のLV ネヴァーフルMMにきちんと合ったサイズであること;LV ネヴァーフルMMの寸法12.6″ W x 11.4″ D x 6.7″
  3. バッグの底がたるまないように形状を保てるよう、全体的にしっかりとしたデザインになっているか

私の候補にはCloverSacのレギュラーフィット、Purse to Goの箱型とラージバケットタイプ、Chameleon Insertsのエクストララージと高さのあるエクストララージトール、Amazonで販売されている2つのノーブランドのものです。TintamarとSamargoは候補から外しました。Tintamarは高価であるその値段から、Samogaは抜け落ちが心配されるフェルト素材であったためです。

CloverSacEmma 28 はこれまでの商品で一番機能性のあるバッグインバッグといえます。ペットボトルなど、大きいアイテムも全てきちんと収納し、固定することができます。ネヴァーフルMMの形も維持できるため、底がたるむことはありません。全体的に優れた構造となっています。取り外し可能なプラスチックのカードが両サイドと底に挿入されており、お好みで全体をおりたたんでコンパクトに使用することもできます。CloverSacEmma 28 で私が特に気に入っている点は、4つのスロットを兼ね備えた仕切りです。取り外しが可能なので、もっとスペースを活用したいときは取り外し、仕切りがもっと必要な場合は必要に応じて取り付けが可能です。技量も優れたCloverSacEmma 28です。

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-7

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-8

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-9

取り外し可能な仕切りです。

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-11

仕切りを外したCloverSac Emma 28

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-12

Chameleon Inserts はネヴァーフルMMに合うバッグインバッグが2つあります。エクストララージ(レッド)と高さのあるエクストララージトール(ブラウン)です。両者共にCloverSacのような取り外し可能なプラスチックのカードが付属しています。しかし、少し気になる点があります。縫合が雑であることと、エクストララージトール(ブラウン)に関しては、ポケットが深すぎて、バッグからアイテムを取り出しにくかった点です。

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-13

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-14

Purse to Go はとても軽量に作られています。他のどのバッグインバッグよりも軽いですが、私が求めている構造に少し至らないため、選びませんでした。下の写真をみてください。

バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-15バッグインバッグ ルイ・ヴィトン ネヴァーフルMM-16

Desmond Lim